2015年04月01日

2014/03/31 ウズベキスタン戦

本日の先発は、GK川島、DF酒井高徳、昌子、森重、内田、MF青山、今野、FW本田、香川、乾、岡崎。予告どおり前戦から全員入れ替えましたが、前の方はいつものメンバーと言う感じでフレッシュさが少ない印象でした。

開始9分にセットプレーのこぼれを青山が見事なミドルで先制。優位に立ちましたが次第にアグレッシブさが消えていき、ウズベキスタンに押し込まれる展開。前半は1-0で終了。

後半開始から内田と今野が下がり、太田と水本が出場。高徳が右に廻って太田が左SBに入ったのは良いとして、水本がボランチに入ったのには???という感じ。最初は3バックにしたのかと思いましたが、水本はボランチでした。守備は良いとして攻撃はパワーダウン。しかし、相手のウズベキスタンのほうが「ありゃりゃ?」と言いたくなるぐらい元気がなくなっていました。力強さが消えパスも通らなくなりダメダメな状態。太田のクロスから岡崎が押し込み2-0。

その後、乾に代えて宇佐美が入ったのは良いとして、香川に代わって柴崎が出場。4-3-3かと思いましたが柴崎はなぜかトップ下でプレーしました。これも謎采配。

相手CK時になんだか相手GKがうろうろ前に出てウォーミングアップみたいなことしてるなあと見ていたら、カウンターを食らった時もゴールがら空き。柴崎が余裕のロブで3-0。

その後気が抜けたのかセットプレーから失点して3-1。直後に宇佐美がドリブル突破して代表初ゴールで4-1。

大迫が出て来たと思ったら本田に代わって右サイドでプレー。半分以上守備してました。そして最後に岡崎に代わって川又が出場。終了間際に代表初ゴールを決めさせてもらえました。監督に気に入られたのか?

フレッシュな選手が得点した中で、乾は蚊帳の外。香川もせっかくトップ下なのに結果を出せず。今後は国内組中心っぽいのでまずいんじゃないの?

全体的には、呼んだ選手をむりやり使いましたって感じで不可解な交代が目立ちましたが、ウズベキスタンが後半ダメダメ状態だったのでたくさん点を取れました。宇佐美が初ゴールを決めて、端から見ても自信を深めたのは良いんだけど、必死にやってた守備をさぼり始めてピンチを招いていたのにはがっかりした。
posted by ゆーじ at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほど昼休みにお話ししたエリックです。
宇佐美、代表初ゴールおめでとう。
Posted by エリックです at 2015年04月01日 12:33
エリックさん、コメントありがとうございます。

監督のコメントを見ると、あの采配はカウンター狙いに変更したかったみたいですね。選手はわかってなかったみたいだけど。
Posted by ゆーじ at 2015年04月01日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック