2015年09月09日

2015/09/08 W杯予選 アフガニンスタン戦

カンボジアよりちょっとだけ強いアフガニンスタンは、内乱のためテヘランでホームゲーム。守備的ではあるけれどゴール前に密集したりはせず、カウンターに色気を見せていたのでシュートコースはありました。

前半10分で香川のミドルシュートが決まった。彼はこの手のシュートを昔から何度も打っているけど、ここ数年は決めるどころか枠にも飛ばないところしか見ていませんでした。これでようやく吹っ切れたみたいで、後半早々にもう1点決めました。あれも前戦だったら絶対決まっていなかったと思う。

岡崎は前戦時に「得点できないなら自分はいらない」と言っておきながら無得点だったので、今日も力んでうまくシュートできなかったけど、3−0になって相手が気落ちして中央突破もさせてもらえるようになったので、イージーチャンスをもらえて得点できました。

終わってみれば6−0。ようやく変な重圧のない環境に戻りました。あとは新戦力の川口、宇佐美、武藤に得点があれば…

posted by ゆーじ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック