2015年11月23日

2015/11/17 W杯2次予選 カンボジア戦

シンガポールからカンボジアに移動して中4日での試合。首位とはいえシリアとは勝ち点1差なので勝利が必須ですが、相手が最下位カンボジアなので新しいメンバーを試します。GK西川、長友が右SBにまわって左SB藤春、CBは吉田と槙野、ボランチ遠藤航と山口蛍、前線は宇佐美、香川、原口、岡崎。

慣れない人工芝で慣れないボール。サイドから攻める意図は見えるものの相手は5バックでベタ引きのため形にならず、パスミスだらけでリズムも出ず、時々ボールをかっさらわれてシュートを許したりしてドタバタ。とうとう前半は1点も取れずじまい。

後半に入って遠藤に代えて柏木を投入。ボランチはどフリーなので余裕の正確なロングパスを出せました。まず獲得したPKは岡崎がしょぼいキックで台無しにするも、次はOGを誘い1−0。

しかしその後宇佐美に代えて本田を入れたにもかかわらず、柏木がフリーにしてもらえなくなって攻めあぐねる。終了間際にやっと本田のヘディングで2−0にして終了。

実力差では2ケタ得点も狙える相手にこの結果で、マスコミはこぞって大批判していました。特にハリルホジッチには、終始圧倒できる相手に守備的ボランチ2人を並べたことで非難が集中していました。

でもこれは前回の同カードとはぜんぜん違います。あの時はむちゃくちゃ気負ってホームでベストメンバーなのに3点しか取れなかった。今回は5日前のメンバーを8人替えて(だからボランチが2人とも守備的人材だった)コンビネーションも悪い。宇佐美と原口にはもっとがんばって主力の座を奪ってくれないと困るんだけど、勝って当然の相手でモチベーションもいまいち。相手は満員の観客の声援を受けてすごく気合が入っていて、足つって倒れるまで走っていました。

ドヤ顔で監督批判しているマスコミはバカなの?彼は今回みたいな弱小だけじゃなく世界の強豪にも勝てるチームを作ろうとしていて、方向性が違うからベタ引き相手にはあまり有効でないだけ。それでも一応結果を出しているんだから文句を言う筋合いではない。「日本らしいパスワークが消えた」とか言ってる人がいるけど、それを追求して惨敗したのをもう忘れたのか?それとも「新しい才能が出てこない」という真の問題から目を逸らしたくてわざと監督に責任をなすりつけているのか?
posted by ゆーじ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック