2016年04月03日

2016/03/29 W杯2次予選 シリア戦

前回シリアが2次予選突破を決めたと書きましたが、この時点ではまだ完全に決まってはいませんでした。だからこの戦いでは必死に挑んでくると思ったのですが...どうやら直前に他グループの結果により突破が決まって、選手たちにも知らせたようです。おかげでやはり完全な消化試合となりました。

日本の顔ぶれは西川、長友、森重、吉田、酒井高徳、長谷部、山口、宇佐美、香川、本田、岡崎。新鮮味のないメンツで、それだけにコンビネーションは良く、5日前の寄せ集め感はみじんもありません。シリア相手なら1対1でも勝てるので、まさに圧倒。しかし相変わらず詰めが甘く、前半はOGの1点のみ。後半も詰めが甘く、相手の反撃を許しましたが、21分に相手DFの目測ミスに乗じて香川がようやく得点。さらに残り10分になって相手がバラバラになったところを3点叩き込み、5−0で終了。

後半早々に山口が顔にヘディングを喰らい退場。代わりは原口。彼のせいで守備のバランスが崩れ反撃を受けたと非難されていますが、それはちょっとかわいそうかなと思います。むしろガンガン前に出てくれて面白かった。5点目を取ってくれたし、彼のような新しい選手が活躍してくれるのは明るい材料だと思います。

宇佐美は今日も点が取れなかった。良い動きをしていたけど詰めが甘いのはいつも通り。終盤に清武と交代させられました。

終了間際に岡崎に代わって金崎が出るもさすがに短い時間で得点はなし。

香川は調子悪そうで何回もシュートを失敗していました。それでも2点取れたので上向きになるか?しかしチームの主軸としては不安定すぎる。

本田は1得点。疲れているようだがまずまずの働き。

岡崎は代表100試合目でキャプテンを任され、試合後にセレモニーまでやってもらっていました。彼がここまでの選手になるとは思いませんでした。よくがんばったね。
posted by ゆーじ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック