2016年10月13日

2016/10/11 W杯最終予選 オーストラリア戦

オーストラリアに乗り込んだものの、酒井宏樹は累積警告で来ず、長友も練習中の脳震盪で離脱。岡崎もケガと病気のダブルパンチで満足に練習できず。スタメンは西川、酒井高徳、吉田、森重、槙野、長谷部、山口蛍、原口、香川、小林悠、本田。槙野が右SBに入り、本田が数年ぶりの1トップ。

オーストラリア代表も前節サウジアラビアで激闘して長旅で疲れ、本来4-3-3なのに、両ウイングを温存して4-4-2で来ました。

最近のオーストラリアはパスサッカーを標榜していますが、日本にとってはやりやすかった。相手のパスを奪って早々に原口が先制。その後はしっかりリトリートしてカウンター狙いに切り替えます。オーストラリアはポゼッションするものの攻めあぐねて前半終了。

後半早々に事故発生。先制点の原口が今度はPKを取られてしまい、同点に追いつかれる。その後オーストラリアの構成になんとか耐えるも疲れ切ってしまい、後半25分すぎから打たれっぱなし。小林悠が足を痛めた37分にようやく交代枠を使い清武投入、2分後に本田に代えて浅野投入。3人目はどうするのかと思っていたら、ロスタイムになんと原口に代えてDFの丸山を投入。試合は1−1のドロー。

世間では消極的な戦いに非難轟々ですが、そもそもハリルホジッチは状況に合わせて戦術を変える人なのでこれは想定内。むしろカウンターが下手くそなのを反省してほしい。

選手もサポーターも夢を見すぎなんじゃないか?相手が誰でもアウェーでも中盤を支配するサッカーなんて、無理なことは痛いほど思い知らされたと思っていたんだけど…
posted by ゆーじ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック