2016年11月19日

2016/11/15 W杯最終予選 サウジアラビア戦

最終予選の前半最後の試合。勝てばストレートインの2位以内に浮上する可能性もあるが、負けると圏外の4位転落もあり、予選突破が難しくなるという非常に重要な試合。サウジアラビアは当初とは打って変わって強くなり、この組の首位となっており、ホームといえども確実に勝てる相手ではない。

それなのにマスコミは監督の去就とか、本田外しの可能性とか下世話な話ばかり。自国の代表を応援する気持ちは皆無です。

ハリルホジッチは思い切ったスタメンを選びました。西川、酒井宏樹、吉田麻也、森重、長友、長谷部、山口蛍まではいつも通りですが、前には清武、原口、大迫、久保裕也を並べました。

試合は予想通りの接戦。しかし前半の終わりにハンドで日本がPKを獲得。当たったのは腕じゃなくて肩だったんじゃないかと物議を醸し出す疑惑の判定でしたが、日本にとってはラッキー。清武が見事に決めて1−0で折り返しました。

膝を痛めた久保裕也に代わって後半から本田が登場。前半とは逆に、守ってカウンターの展開に。64分には清武に代わって香川が登場しましたが、思った通り役立たず。しかし本田と長友のコンビで相手を崩し、原口がゴールして2−0。

終盤に1点返されたのは痛かった。まだまだ守りきる力が不足していることを露呈したし。順位争いでも得失点差でサウジアラビアを抜けなかった。

それでもオーストラリアがタイと引き分けたので2位浮上。しかしUAEも勝ったので上位はダンゴ状態。サウジアラビアと日本が勝ち点10、オーストラリアとUAEが9という僅差で前半を折り返すことになりました。

試合後の話題は「世代交代」。本田、香川の2枚看板がスタメンを外れ、岡崎は最後にちょろっと出ただけで、かつての大黒柱の凋落ぶりが鮮明になりました。しかしマスコミの報道姿勢は酷い。あれだけ長年貢献してくれた本田に対してゴミのようないらない物扱い。根も葉もない引退憶測まで出して煽り立てている。良識の欠片もない。

posted by ゆーじ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック