2017年03月26日

2017/03/23 W杯最終予選 UAE戦

昨年11月から長い中断期間を経てW杯最終予選再開。前半戦では勝ち点10を取りましたが、後半戦はアウェーが多い。ホーム全勝・アウェー引き分けだと勝ち点9にしかならないので、アウェーでも勝利が欲しい。でもUAEはホームで負けてしまった相手なので引き分けでも良しとすべきか?

本田圭佑、長友はすっかり所属チームで干されてしまったので選ばれたこと自体が驚き。香川はドルトムント怪我人続出で最近出られて調子は良さそう。岡崎はレスター監督交代で活躍中だが得点できていない。長谷部は調子良かったのに怪我で脱落。

メスの第3GK川島がスタメンに復帰。西川が不安定な状況だから?長友も驚きのスタメン。酒井高徳よりマシ?吉田麻也はサウザンプトンで充実しているので森重とともにセンターバック。酒井宏樹はマルセイユで活躍中なので当然のスタメン。中盤は山口蛍をアンカーに香川と34歳今野のインサイドハーフ。FWは原口、大迫、久保の次世代ユニット。

出だしは拮抗していましたが、ベルギーで7試合5得点中の久保が抜け出して狭いニアサイドを突いて先制。直後にまずい守備で決定的ピンチを招きましたが、川島がビッグセーブ。1−0で前半終了。

後半も早いうちに久保のセンタリングを今野が大外フリーで受け2点目。これでUAEはがっくり。危なげない展開で日本がリベンジを果たしました。

香川が途中交代で倉田が出場。久保が足がつり加減で本田出場。大迫打撲で岡崎出場。しかし存在感は見せられず。FWの世代交代は決定的となりました。中盤以降はベテランが選ばれましたが、これは間違いの許されないアウェー戦だからでしょう。

サウジアラビアはタイに3−0で勝ち点13の首位キープ。日本は同勝ち点で2位。オーストラリアはイラクに追いつかれて痛恨の引き分けで勝ち点10。UAEは勝ち点9のまま。5日後は日本対タイ、サウジ対イラク、豪州対UAE。ダンゴ状態は解消されそう。

posted by ゆーじ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック